病院だけでなく企業や家庭でも活躍する薬剤師という職業

薬剤師というお仕事について

薬剤師とは薬を扱うプロです。
科学や生物の知識が必要とされるため理系に分類され4年制大学を卒業後薬剤師の国家試験を受験することができます。
最近は6年制大学が増えているところです。
薬剤師の就職場所としては病院があります。
病院の薬局で入院患者さんや外来患者さんのための医師から処方された薬を調合します。
以前は薬局から出てくることなく密室での仕事が多かったのですが最近はインフォームドコンセントの観点から薬剤師が患者さんに外来の待合室などで直接説明をすることも増えています。

薬剤師の働く場所が増えています

それから製薬会社などでの就職も多いです。
新薬の研究や既存の薬の効果や検証などを行います。
そして最近は医薬分離の観点から病院外に薬局を作るケースが増えており、調剤薬局にて働く薬剤師やドラッグストアなどの販売店に勤める薬剤師が増えています。
調剤薬局やドラッグストアは薬の管理だけではなく、接客も重要になります。
近年は薬剤師の求人が増えている状況ですが、雇用主としてはコミュニケーションの能力の高い薬剤師を求めている傾向にあります。

日常生活での食生活指導もサポート

また、薬によっては食べ物との相性があるものなどがあります。
そのような注意をするのも薬剤師の仕事の一つになっています。
一人の人が、違う病院の処方箋を同じ調剤薬局に持っていって、同じような効能の薬が二重に処方されていたことがわかったというような例もあるようです。
薬を安全に服用できるようにするのが薬剤師の役目の一つといえるでしょう。