待遇に悩む看護師は転職も視野に入れて活動しましょう

看護師の仕事について思うこと

看護師の仕事について、私が感じたことをお話します。
私は先日、テレビで看護師が働いているところを見ました。
看護師は休む時間もなく、患者さんのところに行っているものでした。
そして、やっとできた時間に、ご飯のおにぎりを食べているのです。
おにぎりにするのは、また、患者さんに呼ばれるときにすぐにいけるようにするためとのことでした。
交代の人もいるようですが、看護師はその患者さんのことが気になったようで、任せていることが不安になっていたためと話していました。

今より良い状態を望むのなら転職を。

看護師も気力と体力がいる仕事なのです。
看護師の中で今の職場に不満を感じて転職を望む人は多いです。
常に人手不足なので求人は一年中でています。
でも職場環境の事を考えて就職する人はほとんどいません。
病院はどこも同じだと思わずに転職を考えるのもいいと思います。
どの職種でも同じ方針をとっている職場はないです。
看護師の人間関係が上手くいかなくて、別の職場に行ったら人間関係が良好というのはよくあることです。

看護師も人の命を預かる大事な仕事です。

ほとんどの人が病院にいるだけで気疲れすると思います。
なのでストレスは知らないうちにたまるものです。
職場によってなるべく看護師のストレスを減らす努力をしている所もあります。
看護師の活力がないと患者さんにも影響しますからね。
患者さんを元気づけることも看護師の大事な仕事なのです。

看護という仕事は、時間でここまでというわけにはいかないときがあります。
患者さんが、悩んでいるとき、自分に限られた時間で何とかしていあげたいと思うからです。
心と心の仕事であるとも思いました。